福岡で債務整理なら、あすか司法書士事務所にお任せください。認定司法書士が、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金返還請求、借金問題を安い費用で全力でサポートします。

 

 
 
 
 

債務整理の具体的事例

 スマートフォンでご覧の方は、トップページはこちらです!

 

事例①

小規模個人再生手続

Aさん
・30代男性/既婚(妻、子1人)/会社員
・月収20万円/妻月収10万円
・借金550万円/月10万円返済

借金の原因

「長年パチンコが辞められず、借金が膨らんでしまいました」
「数年前に一度、ギャンブルで作った借金を両親に肩代わりしてもらったこともあります」
「借金の整理と併せて、もうパチンコを辞めたいです」
 

借入先

債務額

A社(銀行)

     150万円

B社(銀行)

      50万円

C社(銀行)

      30万円

D社(消費者金融)

     110万円

E社(消費者金融)

      70万円

F社(信販会社)

     110万円

G 社(信販会社)

30万円

  合 計   

 550万円

 

 

 

 

 

 

 

 

解決内容
債権調査の結果、550万円の債務が残ることが分かりました。
Aさんは正社員として安定した収入があり、借金の主な原因が、自己破産の場合は免責不許可事由に該当するギャンブルによるものであったため、借金の原因が問われない小規模個人再生手続で進めることにしました。

また、Aさんは10年間近くパチンコが辞められませんでしたが、今回の債務整理を機に、家族のためにもパチンコを断ち切りたいとお考えでした。
ギャンブル依存症を抱える方々のための自助グループをご案内したところ、積極的に参加されているご様子でした。

債務整理の方は、個人再生手続が認められたことで、550万円あった債務は110万円に減額され、毎月約3万円を36回支払うことになり返済の目途が立ちました。

3年後、無事に完済したとのご報告をいただきましたが、パチンコのことをお尋ねすると、たまにはするけどほとんどやっていないとのこと。完全に辞めることは難しいようですが、パチンコと上手く付き合えているご様子でした。


事例②

任意整理手続

Cさん
・30代女性/既婚(夫、子2人)/パート
・月収8万円
・借金180万円/月5万円返済    

借金の原因

「中高校生の子供2人の教育費が嵩み、借金が増えていきました」
「家計のことは私がまかされていましたが、夫はお金に厳しく借金することが嫌いなタイプで、夫にも相談できないまま借金をして急場を凌ぎ問題を先送りしてしまいました」
 
「夫には内緒のまま、月々の返済額を減らせないでしょうか?」
 

借入先

  債務額

A社(銀行)

      50万円

B社(銀行)

      50万円

C社(消費者金融)

      30万円

D社(信販会社)

      50万円

  合 計   

 180万円

 

 

 

 

 


解決内容
債権調査の結果、180万円の債務が残ることが分かりました。
世帯の1か月辺りの簡単な家計表を作成していただいたところ、任意整理手続により月返済額を減らせれば支払が可能な見込みであったため、債権者と交渉し、将来利息の免除の上、毎月約30,000円ずつ返済していくことで合意してもらいました。

できれば同居のご家族に相談の上、生活を立て直していくことが理想ですが、借金したことが知られてしまうと離婚されてしまうというケースも多くあります。
任意整理手続の場合は、基本的に同居のご家族の協力が不要ですので、ご家族に内緒のまま債務整理をすることが可能です。


5年後、Cさんは、ご主人に知られることなく無事に借金を完済することができました。

借入先

残債務額

月返済額(概算)

回数

A社

50万円

8300円

60回

B社

50万円

8300円

60回

C社

30万円

5000円

60回

D

50万円

8300円

60回

 合計

180万円

2万9900円

 


 
 

 

 

 


事例③

任意整理手続

Nさん 夫婦 子2人

・40代男性/会社員 
・月収20万円
・借金300万円/月9万円返済  
 この他に自動車ローン60万円/月2万円返済
・40代女性/契約社員 
・月収13万円
・借金120万円/月4万円返済
     

借金の原因

ご主人
「転職で収入が減り、生活費をクレジットカードのリボ払いで支払うようになりました」
「妻が一時期体調を崩し仕事ができなかったこともあり、借金が増えていきました」
「仕事で車がどうしても必要なので、車のローンだけは支払を続けたいのですが」

奥様

「今は私の体調も回復して収入がありますので、自己破産はせずに何とか返済していきたいのですが」

ご主人債務

借入先

  債務額

A社(銀行)

      30万円

B社(消費者金融)

      80万円

C社(信販会社)

     100万円

D社(信販会社)

      90万円

E社(車ローン)

      60万円

  合 計   

 360万円

   



 

 

 


奥様債務

借入先

  債務額

A社(銀行)

      30万円

B社(消費者金融)

      60万円

C社(信販会社)

      30万円

  合 計   

120万円

 



 

 

解決内容
 
債権調査の結果、車のローンを除き、ご主人に300万円、奥様に120万円の債務が残ることが分かりました。

ご主人の債務額は車のローンを含めると360万円ありましたので、個人再生や自己破産も視野に入れて協議しましたが、車のローンを債務整理の対象に含めると、通常はローン会社に車を引き揚げられてしまうため、やや家計収支が吉しい状況でしたが、車のローン以外の債務について、任意整理を行うこととなりました。

ページ先頭へ